太刀魚のさばき方と美味しい食べ方(刺身、炙り、タタキ、バター焼き)

スポンサーリンク

皮に切り目を入れる
太刀魚は、うまくさばかないと、食べるところが無くなるので丁寧にさばきます。笑
まず、皮に包丁を入れて、スムーズに身に包丁が入るようにします。


中骨まで包丁を入れる
次に中骨まで包丁を入れて、骨を感じながら、骨と身を分けていきます。
お腹側も同様
お腹側も同様に身をわけていきます。
大名おろし
中骨の中心を切り分けます。
2枚おろし
2枚おろしの完成です。
そこそこ綺麗にできました。
反対側も同じようにして3枚おろしにします。
刺身
そのまま、皮に切り目を入れながら、お刺身に。
皮を炙った方がうまみが出るので、炙りに。
細かく切って、温泉卵をのせて、ユッケに。
旨味が多いので、塩で頂きましたが、どれも絶品でした。
バター焼き
子供達が大好きなので、定番のバター焼きもしましたが、こちらは鉄板の味でした。
ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました