近場でウメイロ五目(むるぶし)

スポンサーリンク

小4の娘と一緒に、初めての沖釣り。

1月に小雨の中、普通に釣りができる沖縄って素晴らしいと思いながら、凪の中ポイントへ。

最初のポイントで上手な方にタイクチャー。

その後、ポツポツ釣れるが、なかかな時合が来ず、我慢の前半戦。

お昼ごろに、みんなにウメイロがヒットするポイントへ。

ジギングにカンパチも上がり、お土産確保!

、、、と、波がどんどん高くなり、2mぐらいに。汗

私のわがままで、太刀魚ポイントでひと流し。

底は取れるも、あたりが分からず。断念。

途中、スパンカーが折れるというトラブルもあり、後半は半分どてら流し。

いつもはホバリング可能な船長も、スパンカーなし&強風でお尻降りフリフリ。

それでも、ポツポツ釣れるのは流石。

結果、ウメイロ4匹、タイクチャー1匹、サンノジ1匹、ミーバイ1匹、その他5匹ぐらい。

と私的には満足な釣果。

すべて写真撮り忘れ。汗

家に帰って、手巻き寿司。

ウメイロは安定の激ウマ。

驚いたのは、サンノジ。ウメイロを猛追するぐらいの激ウマ。

独特の臭いがあるので、内臓を破らないように丁寧にさばいて、5枚おろし。

皮から臭いがうつらないように、持ち上げてもらいながら、皮をはいで塩を少々。

ピチットシートに包んで30分の脱水。

薄切りにして、お刺身の完成。

いつもは、臭いのあるお刺身になるのですが、無臭でプリップリの甘いお刺身に仕上がりました!

初めて、梅肉を乗せて手巻きずしを食べてみたのですが、こちらも大正解。

子供に「釣って、絞めて、血抜きして、さばいて、食べる」という一連の食育ができたので良かったです。

ごちそうさまでした。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました