釣った魚は何日まで食べれるかは保存方法で決まります!

スポンサーリンク

釣り人が誰しもが悩む魚の賞味期限ですが、
色々調べると、処理や保存の方法で、大きく変わるようです。
手前板前:魚の保存方法
ほぼ確実に安全な範囲は刺身だと3~4日です。
これは、
1日目 漁師が魚を釣る
2日目 市場で仲買され、輸送される
3日目 店頭に並び賞味期限が翌日と書かれる
という事はよくあることだからです。


特に沖縄では、輸送が中一日とされることもあるため、
1日目 北海道沖で秋刀魚が取れる
2日目 三陸の港まで戻り水揚げされる
3日目 築地に送られ、仲買され、沖縄に送られる
4日目 店頭に並ぶ
が良く見る形だと思います。
腐りやすいとされる青魚でさえ、
これぐらいの感じなので、
処理をしっかりすれば、意外と持つと思います。
私の場合は、釣って、締めて、氷で冷やして持ち帰り、
その日のうちに3枚か5枚におろして、柵を作り、
キッチンペーパーを巻いてから
サランラップを巻き、チルドルームに入れます。
翌朝ぐらいにキッチンペーパーを交換することもありますが、
そのまま保存することも多いです。
先日のカイワリでも試しましたが、
4日までは刺身で食べて、
念のため、5日目からは炙りで食べましたが、
7日目まで美味しくいただけましたし、
家族全員がおなかも無事でした。笑

追記:

2014/01/17
魚の保存方法
魚の保存方法について、以前にも書きましたが、最近実践している方法について覚書。1.釣った魚を遅くとも翌日、できれば当日に、 3枚もしくは5枚におろして骨をすべて取り除く2.キッチンペーパーか手ぬぐい等の布に巻いて、 さらにサランラップで巻いて冷蔵庫のチルド室に入れる。3.1日チ…
2016/01/12
釣った魚を冷蔵庫で1週間保存してみました
釣ったタイクチャーを3枚におろさずに、チルドルームに入れて、1週間後にさばいてみました。処理方法は、1.釣ったその場でエラ裏を切って、血抜き2.海水氷に入れて急冷3.帰港時に海水を捨てる4.持ち帰って鱗と内臓を手早く除去  腹の中の中骨の周りの血を包丁と歯ブラシで落とす5.…

その後、頻繁に1週間後ぐらいまで食べますが、
白身魚であれば、まったく問題ありません。

■釣り人にオススメのグッズ1
保冷剤はロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックM・2個パックです。
氷は溶けることで熱を吸収するのですが、この保冷材は氷より先に溶けるため、氷が長持ちします。
先に溶ける=効果が終わるため、大漁の時には、取り出してクーラーの容量を確保することが出来ます。

■釣り人にオススメのグッズ2
電動鱗取りは、作業時間を短くして魚があったまるのを防ぐことで鮮度を保ちます。
疲れて帰った後にさばくのは大変ですが、鱗取りがとても楽になります。
釣り場で使う事をおススメしますが、角度を考えてシンクで使えば外に飛び出すことはほとんどありませんでした。

■釣り人にオススメのグッズ3
私が20年愛用しているまな板です。汚れても表面を削って綺麗にできます。
ゴム製で包丁を痛めることも無く、魚も滑りにくいです。
日々、食洗機で洗って使っていますが反ることも無く、吸水性も無いためカビることもありません。
少し重いですが、この重さも使いやすい理由の一つで料理が楽しくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました