ハタタテダイを食べる!マース煮が絶品の美味しさでした

スポンサーリンク

ハタタテダイ
先日のウメイロ釣りで釣った外道のハタタテダイ。
むるぶしの船長が絶対美味しいというので、マース煮にしてみました。
といっても、鱗とお腹とエラを取って、鍋に入れて、水入れて塩入れて、煮るだけです。
——-

2016/12/05
沖釣り乗り合いウメイロからの太刀魚@むるぶし
むるぶしの久しぶりに乗り合いに、夜だけの予定がいつのまにか昼も乗っていました。笑天気はべた凪、12月というのに昼間は半袖でも全く大丈夫という沖縄の気候に感謝!最高の釣り日和の中、30分ぐらいのチービシ付近のポイントに出航しました。


ハタタテダイ マース煮
折角なので、旗もそのままで、鍋へ入れます。
適当に塩を入れて、煮ます。
ハタタテダイ マース煮 完成
沖縄の伝統料理が完成です。
食べてみたところ、、、絶品でした。
皮がプリプリで、長女が喜んで食べていました。
普段から魚の皮が好きなので、刺身の時の皮は必ずアラ汁になり、長女が食べます。
身も適度な堅さがあって、美味しかったです。
一番、絶品だったのがスープです。
塩しか入れていないのに、旨味が十分のスープになりました。
流石、船長だなぁと思いました。
ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました