副作用だけの抗生剤と解熱剤

スポンサーリンク

熱発から6日目、現在37.5℃です><
熱は下がっていますが、激しい頭痛が絶えません。涙
鼻水、咳、のどの痛みなど、すべて無く、
頭痛と熱と熱による筋肉の痛みが続くという、状況。

昨日の夜は今回で一番の38.5℃となり、
ご飯を食べたことを後悔しました・・・
3日間ぐらいほとんど水だけで絶食していたのですが、
熱もやや下がり、子供達のご飯が余ったので、食べた所、高熱に><
子供の頃から20年近く、風邪の時には
抗生剤と解熱剤漬けにされ、
どんどん病弱になった私。
wikipediaの風邪にもありますが、
抗生剤と解熱剤は今ではほとんど副作用しかないと言われていますし、
実際アメリカでは子供の風邪の初診時に抗生剤の使用することは禁止されているらしいです。
(抗生剤には弱っている身体に細菌が入り、重病になるリスクを下げる可能性はありますが、
逆に善玉菌も排除される等のため、どっちらかといえばリスクが上がると考えられています。)
解熱剤は無理をするためには、効きますが、
身体が免疫力を高めるため発熱しているのに、
熱を下げてしまっては、回復を遅らせるだけという事になります。
だから、娘たちには、
風邪の時に病院に行くことはほとんどありませんし、
高熱が続き念のため行くときは、漢方薬のお医者さんへ行くようにしています。
実は家族全員が風邪になり、休んでいるのですが、
同じ風邪でも、子供達は微熱で元気に遊びまわる中、
大人二人は動けず布団で寝ています><
おやすみなさい・・・

コメント

  1. 内間 より:

    インフルエンザではない?お大事に。

  2. 釣りごろ より:

    相方がインフルエンザ検査に行き、陰性でした^^
    病院では風邪とのことでしたが、なかなか治りません。
    他の病気も疑いましたが、
    家族全員が感染して症状が同じなので、
    呼吸器系の風邪で、発熱が続くタイプのようです。
    症状は、発熱の乱高下&頭痛のみ。
    リンパ線に腫れがありますが、
    その他の風邪の症状は皆無。
    身体がウイルスに勝つのを待っています><

タイトルとURLをコピーしました