保存料・合成着色料不使用の冷やし中華??

スポンサーリンク


コンビニの冷やし中華に、保存料・合成着色料不使用と書いてありました。
ハムの色が明らかに、発色剤が使われている色だろうと思って確認すると、、、。
案の定、亜硝酸ナトリウムが使われています。


亜硝酸ナトリウムは、「自分の色」を付けるわけではないから、着色剤ではなく、発色剤と言われています。
肉の成分と反応して色を付けているのは、着色ではないという意味でしょうが、、、私的には美味しそうな色を着けるための添加物です。
また、生で販売されるソーセージには添加が義務づけられているらしいので、立派な保存料だと思います。
いろいろなとらえ方があると思うのですが、購入者(消費者)は、
「保存料・合成着色料不使用」
という記載に何を求めているか?
を分かった上で、この記載を決めた人は、書いているかどうかということです。
消費者のこの文言への期待は、
「食べても安心な食品かどうか」=「食べ物以外が入っていない」
だと思うのです。
亜硝酸ナトリウムは発がん性があると言われていますし、使用量が少量に制限されている劇物です。
さらに、酢酸Caは日本では数年前に認可されたばかりの実験年数の少ない添加物です。
ということで、「保存料・合成着色料不使用」と書いてあっても、亜硝酸ナトリウムは入っているという事でした。
とらえ方次第という部分もありますが、なかなか難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました