焼き豆腐の作り方は?普通の木綿豆腐で簡単にできました

スポンサーリンク


水を切って、焼くだけという簡単な方法で焼き豆腐ができました!
焼き味噌と同じで、焼くだけで香ばしい香りがついて美味しくなるのでオススメです。

材料


普通の木綿豆腐です。島豆腐でも美味しく出来ます。
他に材料はありません。

作り方

とっても簡単です。

水を切る

豆腐のパックの水を全部捨て、冷蔵庫で半日ぐらいおきます。
そうすると、豆腐の水が自然に出てきて、水が切れます。

焼く


バーナーで焼きます。
フライパンでも良いですが、表面の水気を取ったり、油を塗ったりが面倒なので、バーナーが一番です。
また、オーブントースターなどは時間がかかりますし、くっつくのでオススメしません。

完成


裏側も炙って焼き豆腐の完成です。
好みによっては横も炙っても良いかも知れません。
調整できるのが自分で作る醍醐味ですね。

使い方


今回はおでんの具材として、冷蔵庫にあった豆腐を追加するために作りました。
香ばしい香りと煮崩れ防止ができました。
バーナーが1つあると料理の幅が広がりますので、オススメです。

2012/10/09
プリンスGT-XType-Tが最強のバーナーです!
バーナーを買いに行きました!色々悩みましたが、手に取っていたのは、別のものでした!このメーカーのType-R(1700℃)とType-T(2100℃)の入ったものです。結果、着火に10分ほどかかっていたところ、2100℃を試しに使ってみましたが、成形炭への着火が2、3分でできるよう…


コメント

タイトルとURLをコピーしました