オキナワオオタチ(メガタチ)の身体測定と捌き方と炙り

スポンサーリンク

身体測定

オキナワオオタチ 長さ147cm
先日、むるぶしの乗り合いで釣り上げたオキナワオオタチ。
私的には、メガタチサイズだったのですが、船長に言わせると、まだまだらしいです><
しかし、折角釣ったのだから、精一杯ネタにします!!
まず、身長測定。
147cmでした。
死後硬直により、かなり縮むということで、釣った直後であれば150cmオーバーだったと信じています。
お住まいだった水深は160mぐらいです。


オキナワオオタチ 重さ1.6kg
次に、体重測定。
1.6kgでした。
身長の割にかなり軽いです。

解体

普通のサイズのタチウオ
上記の普通のサイズのタチウオであれば、腹を出して、えらを取って、、、
と進めるのですが、下記のサイズはどうしようもありません。
オキナワオオタチ
まな板にどうしてものらないですし、どう考えても、大きすぎるのです。
オキナワオオタチ まな板2枚
ということで、1枚のまな板をシンクに渡して、もう1枚は頭のところにおいて、さばきます。
オキナワオオタチ 切断
まずは、大きすぎるので、お尻の穴のすぐ後ろ辺りで切断します。
変なところで切ると、内臓が出てくるので、あとが大変です。
オキナワオオタチ ぶつ切り
ここから後ろはどこで切っても、内臓が出ないため、ぶつ切りにするだけです。
ということで、半分終わり。
鱗の無い魚は楽ちんです。
次は、頭周辺を触るのですが、歯に触ると、カミソリのように切れますので、要注意です。
オキナワオオタチ 腹切り
腹出しです。
お尻の穴からエラまで包丁を入れます。
身が薄く柔らかいため、少しだけ入れれば切れます。
内臓を出します。(グロテスクなので別の記事にします。)
オキナワオオタチ 血合い
血合いに包丁を入れます。
オキナワオオタチ エラ
次にエラを取ります。
頭を捨ててもよいのですが、とても美味しい出汁が出るため、とっておきます。
エラの赤い部分は、手で持てますが、白い部分はかなりトゲトゲになっています。
そこで、白い部分に触らないように、エラを持ち上げて、口裏の付け根と頭の下に包丁を入れます。
かなり硬いため、キッチンばさみでで切る方がやりやすいです。
エラと内臓を取り出したら、水で洗います。
上記で包丁を入れた血合い部分は、細くて深いため、使い終わった歯ブラシで磨きます。
オキナワオオタチ 頭を落とす
次に頭を落とします。
普通のサイズのタチウオは中骨も簡単に切断できますが、これぐらいのサイズになると、切れません。
オキナワオオタチ 頭を落とす
ということで、中骨まで包丁を入れたら、折り返して、骨を折ります。
その後、反対側から包丁を入れると、簡単に切れます。
これで、解体できました。あとは、料理するだけです。

3枚おろし

ここからは、薄くて長い以外は、普通の魚と同じです。
オキナワオオタチ 3枚おろし
包丁を垂直に入れて、皮を切ります。
オキナワオオタチ 骨と身を外す
一番硬い皮を切ってしまうことで、骨に包丁が当たる感覚を感じながら、無駄なく3枚おろしに出来ます。
オキナワオオタチ 3枚おろし
2、3回にわけて、中骨まで、骨と身を外していきます。
オキナワオオタチ 2枚おろし
これで2枚おろしの完成です。
反対側も同様に切って、3枚おろしにします。

炙り

オキナワオオタチ 炙り
腹骨を取り除いてから、ぶつ切りにして、炙るためにお皿に並べます。
今回、頭から近い腹の部分でやりましたが、この部分は腹骨があるため、そのままバター焼きや塩焼きなどに使った方がよいです。
オキナワオオタチ 炙り2
皮側から炙ると丸まってしまうのと、寄生虫がいることがあるため、身の方から炙ります。
オキナワオオタチ 皮を炙る
次に、皮側を炙ります。
オキナワオオタチ 皮を炙る2
お店では、丸まらないように、串を打って炙るのが普通です。
家で食べるだけなので、これで良しという感じです。
あとは、一口大に切って、完成です。
普通に美味しかったのですが、
普通のサイズのタチウオより、脂ののりが悪いかな。
という印象でした。
ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました