香水の匂いが苦手ですが伝え方が分からないです

スポンサーリンク

香水等の匂いをさせている人が、
私はとても苦手です。
来客の対応をしているときも、
早く終わらせようとしている自分がはっきりわかりますし、
なるべくその人に近づかなくても良いように、
画策してしまいます。

私の仕事上で最も大切な事である
安全管理をするうえで、重要なポイントは
音と匂い
です。
機械は見えない部分が多いので、
音を頼りに不具合箇所をみつけたり、
焦げた臭いで火災や故障を未然に防ぎます。
まず、それが分からなくなる。
また、私は化学的な臭いがする環境に長くいると、
頭痛になり2日ぐらい動けなくなるという
面倒な体質を持っています。
私の持病の自己免疫疾患の
原因のひとつとも言われています。
そもそも人工的に作り出したいい臭いが
健康に良いわけがない。
という私自身を正当化する理由をいくつも上げますが、
ただの言い訳で、
単純に香水の匂いが嫌いなだけかもしれません。
本質的には、
「香水をつけるという行為をする心理を持っている人」
が苦手という意識があるのだと思います。
自分が正しいと主張しても、
相手も正しいと思っているので、
お互いに共謀して嫌悪感を増大させるのみ。
平和的な解決方法が見いだせない。
自分の味方を増やして、相手を追い出すか、
相手に負けて自分が逃げ出すか。
どうにかしないといけないなと思いつつ、
本人にすぐに直接言って解決する見込みもないですし、
過去に、言ってみて好転した結果もありません。
香水をつける人の心理が、
自分がいいと思っている匂いで囲まれていたいか、
自分の体臭を消したいか、
自分が注目をあびたいか、
どれをとっても、結局、自己が強いからだと思います。
相手を物として見て、
人として見れなくなっている。
相手に対して思い違いをしている
と思って心を平和にしなければならないが、
当事者に相対するとそういう行動ができない。
それぐらい私は香水をする人との、
関係性を結べません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました