自分がテレビ中毒だと気が付く

スポンサーリンク

花と蜂
子供が風邪をひいている時にやることが無いため、この数日テレビを見たり映画を見たりしています。
いつもは、ほとんどテレビを見ない生活をしているのですが、テレビを見始めると止まらなくなる事に気が付きました。
つまり、私はテレビ中毒であると実感しました。


テレビがついていると、他の事をしていても、テレビに気がいってしまうのです。
子供の頃からテレビばかり見ていたので、中毒になっているのだと思います。
アルコール中毒などと同じで、一度始めてしまうと、脳の快楽の回路が回りだして止まらなくなる。
テレビの害は、受動的に時間を使うため、時間を無駄にしたと感じる事です。
周囲で誰かが何かをしていると集中できないタイプでもあるのですが、テレビには輪をかけて意識を持っていかれます。
会話よりも、テレビへの思考が優先になってしまいます。
そして、会話の相手に失礼な返事をして、失敗します。
子供達も同じで、テレビを無視して他の事をする事ができないのです。
ということで、テレビを使う習慣を減らすことが、私の「しあわせ」パターンなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました