やんばるでキャンプ

スポンサーリンク

GWというのに、家で仕事をしてしまう・・・。
娘達に怒られたので、友人に電話をしたところ、明日明後日の予定は無いという事で、唐突にキャンプへ!

やんばるまで、ゆっくり北上。
途中のパーラーでお弁当を買って、ビーチで食べる。
すでに気分は最高!



第一目的地はオーシッタイ。
毎年GWに楽しみにしている梅狩り!
去年は不作で出来ませんでしたが、今年は豊作で取り放題!
といっても、最終日近かったため、高いところのみ><

それでも1時間ぐらいで1.4kgの収穫♪
全部で500円でお釣りがきました。
めっちゃ楽しいのに、めっちゃ安です。

キャンプ予定地はGWのためかなりの混雑。
駐車場から少し歩いたところに、場所を決め、荷物を運ぶ><
夕方になり、テントも張って準備万端。
BBQからの、たき火&おしゃべり!
寝袋を忘れた事に気がつく・・・。
キャンプ用の持ち物リストを作ってある几帳面な友人からシュラフを2つ借りるm(_ _)m
BBQセットも借りてしまい、誘っておいて準備不足で申し訳ない感満載><

夜はかなりの冷え込み。
友人から借りたシェラフが無かったらやばかったと思う。
といっても最低気温19℃。笑
夜は寒く、昼は暑い、野宿やテントのつらさを感じ、「家」という発明の素晴らしさを感じる。
朝起きると寒すぎて、すぐに、たき火。
朝一から薪拾い。
太陽が雲から顔を出すと、一気に温かくなる。
当たり前の事だけど、大事。
娘達は泳ぐと言って、海へ入っていく。
海水温は高いため温かいけれど、海を上がると寒い。

疲れたため、午前中で帰宅。
眠気覚ましに、羽地の駅に寄り、マンゴースムージーを頂く。

羽地の廃鶏をつかった、半身約500円のBBQチキンを購入して、帰宅。
食べたら眠くなるので、家で食べる。
空腹と疲れのためか、絶品。
道具の片付けを済まして、ベッドという素晴らしい発明を感じながらお昼寝。
誘った友人も喜んでくれたようで、めっちゃ楽しかったし、娘達も喜んでくれて良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました