子供たちへ

子供たちへ

天の川と流れ星を見ながら思う

久しぶりにやんばるへ娘2人と友人家族とキャンプ。 狙ったわけでは無いけれど、新月だったため、満天の星空。 天の川と流れ星を子供と一緒に眺めて、最高の休日となりました。
子供たちへ

やんばるでキャンプ

GWというのに、家で仕事をしてしまう・・・。 娘達に怒られたので、友人に電話をしたところ、明日明後日の予定は無いという事で、唐突にキャンプへ! やんばるまで、ゆっくり北上。 途中のパーラーでお弁当を買って、ビーチで食べる。 すでに気分は最...
子供たちへ

子供たちと話をする

少し家をあけたため、久しぶりに子供と会話。 3人が言いたい事があるらしく、怒濤の勢いで攻めてくる。 長女は、私のツボをついた話が上手。 我慢が難しい小1の次女が、会話の間に入って来るので、難しい。 2歳の長男は、たどたどしい日本語が、超可...
スポンサーリンク
子供たちへ

死なない方法はあると思う

「死」という事の考え方にもよるのですが、 子供を作る という事が、「死なない方法」なのでは、と思うのです。 自分の遺伝子を残すのではなく、何かしら弟子的な子供を作っても良いわけです。
子供たちへ

1つを手に入れると1つを手に入れるのが難しくなる事がある

私は20代のいわゆる若い女性へ「子供は早いほうが良い」と口癖の様に言います。 それはなぜか? 社会への進出や、自己実現などの快感を会社で得られるため、日々、仕事をして過ごしがちだからです。 それにより、出産が高齢化して危険度が増したり、妊...
子供たちへ

相方手作りの誕生日ケーキ

長男が2歳になった誕生日に相方がケーキを作る。 娘達の誕生日には、私が何かしら作るのだけれど、長男の事は相方に任せっきり。 相方が娘達と一緒にケーキを作っていました。
子供たちへ

どう生きる?どう生かす?

波打ち際で子供が遊ぶ。 寄せては返す波を感じながら、遊ぶ。 波の間隔や大きさが分かってくると、少しずつ沖へ行く。 突然大きな波が来て、ズボンが濡れる。 ズボンが濡れると、どうでも良くなって海に飛び込む…。 波にはウネリが混ざる。 打ち寄せ...
子供たちへ

紙が無かった頃は何でお尻を拭く?

子供が写真の葉っぱを見て、これでお尻を拭いたら気持ちよさそう。 とすばらしい発想。トイレットペーパーが無ければ、森へ行きそうです。 と、タモリクラブの影響です。笑
子供たちへ

命よりも大切なモノ

2年ほど前に、死にたくないと思い続ける1年を過ごしました。 1年程前に、自分の命で助けられるならと思う出来事がありました。 そんな事があっても、今、のんきに日々を過ごす自分がいます。
子供たちへ

違和感があることに気が付くかどうか

時代が変わっただけかもしれないのだけれど、違和感が全開のものがありました。 そもそも水車の役割が無いのだという事はわかりますが、ただの無駄遣い。
子供たちへ

いのちって何でしょう?

ふと、「いのちの使い方」を読もうと思って手に取りました。 それを見た相方から「昨日、日野原さん亡くなったよね。」と言われました。 まったく知りませんでしたが、「なるほど。」という感じでした。 私にとっては時々あることなので、必然なのだと思...
子供たちへ

理想の背中を見せられているか?

子育てをしながらや、仕事をしながら、ふと、立ち止まって考える。 今、自分は理想の背中を見せられているのだろうか? という大切なこと。
子供たちへ

長女とデート!末吉公園で蛍狩り♪

蛍の季節ってそろそろじゃない?ってことになりまして、20時頃に長女と末吉公園へ。 終盤ですが、蛍が飛び交っていました^^ 沖縄の蛍はとっても小さいですが強く光ります。
子供たちへ

自転車の練習!根性のある次女

次女が自転車の練習を始めました。 慎重派の長女に比べて、次女は活発! 転んでも平気です。
子供たちへ

1歳児の皮膚炎の我が家流の治し方

上の二人がそうだったように、3人目も皮膚炎になりました…。涙 スベスベだったほっぺがザラザラになるので、切ないです…。涙 症状としては、最初にほっぺにプツプツができて、次に肘の裏の関節にも湿疹ができます。 それをかき壊して、悪化するという...
スポンサーリンク