ぷらら光のv6エクスプレスで速度向上&ポート開放する方法

スポンサーリンク

ネットワーク関係の仕事をしているわけでは無いのだけれど、この1、2ヶ月でNEC、バッファロー、iodata、NTT、ELECOMとメーカー違いで結構な台数のルータの設定をしました。

主にIPV6関係なのですが、結構トラブル。っていうか、プロバイダ毎に種類ありすぎてルータ毎に未対応や不定期に切断される。
インフラは枯れた技術と機器が好きな私としては、四苦八苦。

ふと、自宅のぷらら光が遅くない?ってことで、色々調べてみたけれど、結論的な事が発見できず、 1日半ぐらい彷徨って、やっと出来たので覚書。

結論から書くと、
ぷらら光でPPPoEからV6エクスプレスに変更すると2.7Mbpsから49Mbpsになりました!
使用するルータはIODATAのWN-PL1167EX02でもよいけど、
ポート開放するにはNECのWG1200HS3が良い。
(たぶん、ドコモ光ルーター01でもできる。)

以下詳細
半年ぐらい前に、ネットの回線をぷらら光に変更して、その時に IODATAのWN-PL1167EX02をキャンペーンでもらってPPPoEで設定して使っていました。
自宅のHEMS情報を外から取得できるように、WEBサーバをポートフォワーディングしていました。
夜の混雑時になるとネットワークの速度が激落していることに気がつきました。

そこで、ルータ( IODATAのWN-PL1167EX02 )の設定をV6エクスプレスに切り替えました。

すると速度が一気に改善しました。

試しに別の設定でも出来ました。

しかし、、、ポート開放が出来なくなっていました。汗

マニュアルで調べたところ、ipv6ではポート開放の設定ができないらしい・・・

ってことで、色々調べて見たのだけど、どこにも結論無し。
OCNバーチャルコネクトでポートマッピングできてますか
ipv6でのポート解放は可能でしょうか
友人のアパートをぷらら光でインターネット無料に設定したときにNECのルータの組み合わせでどうにかした記憶があり、ぷらら光のルータのキャンペーンがWG1200HS3になっていたことを思い出し、購入してやってみました。

ONUからのLANケーブルをWANポートにつなげて、電源を入れて数分待つと、ipv6でネットが繋がりました。めっちゃ簡単。笑
ただ、このままだと、トラブル多いので、LANポートにパソコンを接続して、ブラウザから192.168.10.1でログインして、まずは、自動設定を手動設定でOCNバーチャルコネクトに変更。

IODATAのルータは1つの設定をする毎に再起動して1分以上待つ必要があったのに対し、NECは、すべての設定が終わってから再起動ができるのが素敵!
LANのIPアドレス、固定IP、WIFIのSSIDとパスワードなども設定して、再起動。

最後に、ポートマッピング設定をして完了。

スマホのWIFIを切って、ルータのIP:変換対象ポート番号に外から接続してみると、確認出来る。

もちろん、V6の接続で高速で問題なし!

(次は、OPEN VPNを使って、拠点間VPNの構築&テレワークの設定かなぁ。)

コメント

  1. より:

    こんにちわ、私もぷららOCNバーチャルコネクトでポート開放を試みたのですが
    いまいちうまくいきません、DHCPの固定はルーターの現在の状態で確認できる
    MACアドレス(LAN)でいいのでしょうか?
    そしてIPアドレスには固定したいアドレスで良いのでしょうか?

    • 釣りごろ より:

      DHCPの固定の設定方法は、ルータにより異なりますので、そちらをお調べください。
      私がはまった所としては、WIFIに接続されている状態=LAN内から開邦ポートにアクセスするとできないことでした。
      スマホのWIFIをオフにして、試したらできたので、設定完了しました。
      ・・・が、常時接続する必要があったのですが、IPV6が朝晩の2回接続が切られるため、速度を諦めてPPPOEに戻して使用しています。
      時間があるときに、ONUからハブで2つに分けて、ルータを2つ入れ、1つをIPV6、もう一つをPPPOEにしてみたらできるかな?
      と考えています。

      • より:

        回答ありがとうございます
        PPPoEだと解放できたのですが速度に難ありで
        やはりルータ2つ用意するのが無難なんですね
        またわからないことがありましたら質問させていただきたいです!

タイトルとURLをコピーしました