娘が高熱で救急へ

スポンサーリンク

昨日、家に帰ったら、上の娘(3歳)が保育園で40度近い熱を出して、
少しぐったりしていたのですが、
話もできるし歩く元気はあるようでしたので、
涼しい服装で寝させました。
(熱があるときは、涼しい格好で寝させないと、熱性痙攣を起こします。
上の娘は今までに2歳で2回ほど、熱性痙攣してます。)
・・・と、すっぱい臭いが・・・静かに嘔吐してました。
それもかなりの量で、昼ごはんもあまり消化していない様子。
抱き上げると、嘔吐物が詰まって息が弱く、
呼びかけても反応せず、目線も定まらず・・・
痙攣?というか、全身ピクピクしてます。
という事で、かなり焦りました・・・
相方に救急に電話してもらい、
説明すると向かいますとの事で、
5分ぐらいで救急車が来ました。
その間に、背中をたたいて、
鼻や口に詰まった嘔吐物を出したり・・・
突然、歯ぎしりしだしますし、
相変わらず反応ないですし、
目線も定まらず、対処できず・・・
すっぱい臭いのまま救急車に乗ると、
最初は無反応でしたが、名前を呼ぶと、
目を開けるようになりました。ホッ・・・
私は完全にテンパっているので、
うまく説明できず、、、熱性痙攣といえば
そうですが、そうでないような感じもしていました。
・・・なかなか救急車って、出ないんですよね・・・
・・・搬送先の病院を探しているのか・・・
待っている間に、着替えと保険証と着替えを持って・・・
(後から考えると、子供の発熱は良くあることだし、
那覇市立病院までなら、うちから5分だし。
自分で救急に運んでも時間的は同じぐらいか、
そっちの方が早いかも。
救急車の前に、東京海上の車の保険についている
相談サービスに電話をするほうが良いのかとも考えるけど、、、
意識が無いと、やはり焦ります。)
そして、那覇市立病院へ搬送されました。
(相方と下の娘(4ヶ月)は留守番。)
病院に着くまでに、大分回復して、
呼びかけたら、普通に反応するようになりました。
・・・で、病院について、
とりあえず、そこで着替えさせて、
お医者さんと話をして、とりあえず検査と様子を見るために、
点滴をしましょうとなりました。
検査用の採血2ccと点滴200ml(KN1号輸液)を処置されることに。
看護婦さんが2人で、一人がまだ若い方、
若い方の1本目の注射で採血が失敗、
時間がかかっても1ccしか取れません。
娘が痛いと泣いています><
そのまま、点滴入れようとするから、皮膚が膨らみます。
そりゃ、血管に入っていないですから。
この痛みで、完全に意識を取り戻したみたいでした。
注射の間中、娘の手をとって話しかけていたら、
年上の方が待合室に行ってくださいと・・・
で言われるがままに、待合室で、待ちました。
遠くから娘の泣き声が><
(後で考えると、ここで判断間違えました
付き添ってあげるべきでした・・・)
・・・15分ぐらいたったでしょうか。
呼ばれて、私が抱きかかえてベッドの移動。
まぁ、娘は嘔吐物まみれだったので、
誰も抱っこはしたくないよなと思いつつ・・・
右手に点滴と固定。
左手に1回目の失敗の跡と思われる綿。
痛々しい感じ。
あとどれぐらいかかるかとか、聞いても教えてもらえず、
点滴が終わるまで、3時間ほど待ちまして、
娘は寝ていましたが、私は眠れず娘を見ていました。
(自分からもすっぱい臭いが・・・
どんな常態か教えてもらえなくても、
主張しない日本人だなと反省しました。)
待っている間に、
お医者さんからインフルエンザや重い病気ではないみたいと説明を受け、
熱さましの座薬入れる?と聞かれましたが、
熱は必要だから出るんだから、何もしないほうが良いのではと思い、
何もせず、お会計を済ませて、無事に帰りました。
帰ってから、痛々しい娘の手を良く見ると・・・
注射のあとが左手に2箇所、右手に3箇所・・・
・・・ごめんね。1回でいいはずなのに・・・
ということで、今度は何言われても付き添うことにしました。
あと、熱の場合もほとんどの場合は、
大丈夫と思っているつもりですが、
目の前で意識無くされると、
大事をとってしまいます。
子供の命を守るためと思いますが、
ある程度自分でできるようにしたいなと。
もっと、子供の病気について勉強しておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました