シェーバー電池交換フィリップス(philips HQ8870)

スポンサーリンク

10年以上前に衝動買いで購入したシェーバーを
電源コードの樹脂がボロボロになっていても、
使っていましたが、いよいよ電池が2日ぐらいしか
持たなくなったため、新機種を検討していました。
しかし、、、ネジがあったら、とりあえず開けてみたい。
星形ですがマイナスでも開けられるようになっているみたい。

ということで、開けてみたところ、
単3電池っぽいのが2本出てきました。

ゆっくりジワジワと力を入れて、
配線が残るように電池を引きちぎりました。

Ni-MHとあったので、家に似たような電池があったかなと思って、
探してみると、エネループがありました。
並べてみると、サイズが全く同じ。
適当にあった金属とテープで電池をくっつけて、、、

はめてみるとぴったり。

残した配線を電池に接触させて完成^^
動作テストもOK!

純正の充電器を使って、充電してみたところ、
充電できています^^
まさかこんなに簡単に電池交換できるとは・・・
エネループがダメになったら次はダイソーの
ニッケル水素でも試してみよう・・・
フィリップスさんが電池を再利用で廃棄できるように
設計していただいていたおかげです^^
次は、電動歯ブラシの電池交換かなぁ・・・笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました