キーモモのデザートを作ってみた

スポンサーリンク

沖縄で時々見かける、梅みたいな大きさのモモ。調べてみるとキーモモとか毛モモとかキムムとか呼ばれているモモの原種みたいな果物らしい。

内地の桃と同じ品種で環境が違うから大きくならないだけという話もあるけれど、真実は不明。

職場にある木を1年間、下草を刈ったり、肥料をあげたりして育てた桃を収穫しました。

香りは美味しそうな桃でしたので、1個食べてみたのですが、最初は甘く後味がエグい。

ということで、コンフォートにしてみることに。

まずは、毛が綺麗になるまでこすり洗い。

次に半分に切ってタネを取り、4等分にしました。

砂糖を全体が馴染むまで回しかけます。

10分おき、果実から水を抜きます。

半分ぐらいまで水を入れて、煮ます。

柔らかくなったら、完成。

暑いうちに瓶詰めにして、冷めたら冷蔵庫へ。

美味しいコンフォートの出来上がり。

からの粉寒天をお湯に溶かして、コンフォートを混ぜて、容器に移して、桃ゼリー。

とっても美味しくできました。

収穫してすぐに作ると桃の食感が残っていて、とても美味しいゼリーになりました。

生で食べるときは、できるだけ赤く熟した実を収穫して、1〜2日追熟させてから食べるとエグみが消えて美味しいです。

季節の恵み、ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました