天然酵母の作り方!生マンゴーから起こして自家製パンを焼きました

スポンサーリンク


ニンジン酵母が簡単にできたので、マンゴー酵母も簡単にできるだろうと思って、やってみました。
と言っても、とっても簡単です。
必要な材料は、
・生のマンゴー
・熱湯
・綺麗に洗った瓶
です。
準備する手順は、
1.お湯を沸かして、瓶に入れ、蓋を閉めて、熱湯消毒をします。
2.瓶が常温程度に冷めるのを待ちます。
3.マンゴーを水で洗って皮を包丁で剥きます。
4.マンゴーの種を包丁で取ります。
5.マンゴーの皮と種を瓶の中に入れます。
(マンゴーの実は美味しく頂きます。笑)
です。


とっても簡単ですが、基本的にはこれで終わります。

あとは、32℃ぐらいの場所に置いて、1日2回(朝夕1回づつ)ぐらい瓶の蓋を開けてすぐに閉めます。
24時間~48時間ぐらいで泡が出始めて、4,5日で泡がでなくなってきます。
少し甘酒のような発酵した匂いがしてきます。

泡がでなくなったら、熱湯消毒した箸で皮と種を取り出して、完成です。
冷蔵庫で保存してください。
マンゴー酵母の場合はマンゴーの糖度が高いため、蜂蜜を入れる必要はありませんでした。
振ったりもしませんでしたが普通にでき、ニンジン酵母の時の様にあふれ出てくることもありませんでした。
また、再現性の確認の為(マンゴーを食べたかっただけという噂も・・・笑)、
マンゴー酵母を2回起こしましたが同じ手順で簡単にできました。
中種を作ってパンを焼いたところ、中種は3倍に膨らみ、パンも十分に膨らみました。

パンにマンゴーの匂いが残っているかは、微妙ですが、
皮と種という捨てるもので作るため、お手軽にできますので、おススメです。

2016/05/09
天然酵母を作って無添加のパンを焼いてみました
スコーンができるなら、パンもできるのでは?と思って、天然酵母から無添加パンを作ってみたら、意外にとっても簡単でした。今回酵母に使ったのは、ニンジンです。天然酵母の材料は、にんじん:1本水:適当はちみつ:小さじ1ぐらい瓶に熱湯を入れて蓋をして振って、スプーンにかけながら捨て…

コメント

タイトルとURLをコピーしました