はごろもカップ重量2位!(釣り大会)@むるぶし

スポンサーリンク

毎年恒例になっている「はごろもカップ」に
日頃お世話になっている「むるぶし(群星)」にて参加してきました!

今年はどうにかして重量賞を取ろうと、
中深場で美味しい魚を狙いながら、
もしかしたら大物賞もとれるポイントへ!
と船長が事前に練った作戦どうりで釣ってきました!

中深場に8名という定員オーバー気味、
8名中、電動リール未経験5名、
さらに中深場未経験者6名というメンバーで、
その上、梅雨明けを告げるカーチベー(夏至南風)8~10m、
波2mの予報の中、釣りになるかさえ心配でしたが、
船長の操船技術と、船の改造(ローリングチョッパー追加)、
船底清掃(笑)により、とても釣りやすく、
おまつりもあまりなく、大漁できました!

最初の100m未満のポイントで
ビタロー、タイクチャー、シーヌクワー、アカレー、カッポレなどの1kgサイズを程よく釣り、
釣り方に慣れた後、100m以上の大物ポイントに移動
2~3kgのマーマチ、タイクチャ―、シルイユ、ヒレーカー、
途中でこませに寄ってきたカツオの群れに
カツオの一本釣りも始まり、船上の活性も上がりました!
終始だれかが竿を曲げているという楽しい展開でした。
その上、結果、重量2位!
(私、個人は合計14kgぐらい。)

大物賞は逃しましたが、全員で勝ち取った2位です!
さらに美味しい高級魚ばかり♪
とても楽しい&戻ってうれしい&帰って美味しい
とても良い大会となりました^^
反省点は、、、
・事前準備
 →早めの集合で釣り座を準備し、
   釣り方やリールの使い方などのレクチャー
・8号ハリスが切られたこと・・・
 →大物ポイントでは12号も準備。
  電動リールの使い方を覚える。
  ドラグの調整(巻ける程度まで緩める)、レバーの使い方。
・船酔いリタイヤ対策
 →お手伝い担当(たぶん私)が1名乗り餌つけなどを手伝う
・帰港時間の確認をする。
 →接岸時間をはっきりさせる。笑
・船長の言う事を聞く。笑
 →質問があったらどんどん聞く。
   漁に出られている船長は経験が違います。
・大物賞も狙う。
 →時間をとって磯マグロポイントにも行く?笑
・アドレナリンが出過ぎ
 →写真が少ない。ミスも連発に気を付ける。(^^;
今回、初心者ばかりで無理難題をお願いして、
船長にはご迷惑をおかけいたしましたが、
とても楽しい1日となりました。
群星の船長は、ポイントを数多くご存知で親切ですし、
ビーストマスターを筆頭に電動レンタルタックルセットもあります。
さらに船も快適なので、群星の中深場はおススメです。
ご一緒させて頂いた皆様ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました