はごろもカップ

スポンサーリンク

仕事の関係の方と「はごろもカップ」に参加してきました。

14隻にて争われました。

那覇から「がじゅ丸」、北谷から「YURIKA」など各地から船が集まっておりました。


私が乗った船は「KYOEI III」。

ポイントは慶良間北。天気にも恵まれてとても楽しい釣りでした。

結果は、、、

私は、↑の方の3分の1程度しかつれず・・・惨敗でした><
なかなか、釣れるポイントに入れませんでした。
テンヤでドラグを2回鳴らすも、外れました・・・。涙
でも、うちへ帰って、おいしく頂きました。
グルクンのあぶりは最高です!

コツは、3枚にしてから、キンキンに冷やしてからあぶる事と、
釣ってから、3日目ごろがおいしいと思います。
「2012はごろもカップ 港ふれあいフェスティバル」は、
宜野湾3大祭りと市長?が言われていましたが、
はごろもカップの募集要項を振り返ると、
もう少しちゃんとしてもらえると良いかなと思いました。

<疑問点など>
・WEBの告知が1ヶ月を切ってからだった。
 参加人数が少なかったようです。
・「かかり釣り部門」とありますが、ほかの部門がありません。
・参加費に何が含まれているかわからない。
 船持込でも料金は一緒なの?
・マリーナの駐車は、無料でしたよ。
・懇親会は何時から?どこで?
 表彰式で案内がありましたが、
 時間が無く、参加できませんでした。
・表彰は上位しかないので、
 釣れなかったチームは帰港時間を無視するらしい・・・
 さらに、表彰式を無視して帰ってしまう。
 上位10位ではなく1~3位とランダムの順位で商品あるほうが良いのでは?
・複数の船長が帰港時間を間違っていたようです。
 説明がなされていないのでは?
 帰港時間は4時30分とだけ記載する方が良いのでは?
 出港の時も、停船してはいけない所にいくつかの船がありました。
・対象魚をもう少し限定したほうが良いのでは?
 重量を稼ぐために、通常は逃がす熱帯魚を持ち帰られている方もいました。
・帰港時間が早い。
 もう少し釣りたいです。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました