本人に直接言えない事は言うべきではない

スポンサーリンク

人の行動がどうだとか、考え方がどうだとか、
体調や心の調子が悪そうだとか、
本人以外の誰かにしか言わない人がいます。
陰口なのか、そうでないのかわかりませんが、
心配する事も含めて、
「本人に直接言えない事は言うべきではない」
と思うようになりました。
直接、本人に伝えて改善を求めなければ、
どうして本人がその行動を取っているか
わからないでしょうし、それを理解した上で、
それでも改善を求める必要があるのであれば、
周囲の協力を得るという手順になるのでは思います。
特に批判的な事だから、本人に直接言わないのに、
それを話した誰かかから、間接的に伝わると
印象が最悪になることは間違いない。
性格的に、内向的であり、
直接言えない等の理由があるとすれば、
誰にも言わなければよいだけなので、
私にそういった類の話が来た場合は、
「本人に直接言ってください」
と伝えています。
私は話を聞くとどうにか改善していこうとするタイプなので、
それを感じて私に伝える人が多いかもしれません。
相談して改善策を模索するのでれば、
分かるのですが、そうでない場合が多いです。
私の場合は、何でも本人に直接伝えるため
それはそれで問題があるのかもしれませんが、
いつも難しい顔をしている人に幸せになって欲しいと思ったり、
努力して成長して欲しいと思ったり、
どんな相談にも改善案を提案できるように努力しています。
年長者だから言いづらいという事もありますが、
最近、それも無くなったのは、
私自身が歳をとったからなのか、
年長者の方々に指示をする立場で
仕事をさせて頂いているからなのか、
自分自身もっと学び成長しなければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました