沖縄は人との繋がりが「ゆたか」

スポンサーリンク


この2ヶ月、いろいろな事があって、怒濤に過ぎました。
やりたい事の半分も出来ておらず、
不義理な事をしてしまっている方に、本当に申し訳なく思っています。
ところで、
「ゆたか」というのは、「お金」や「モノ」の尺度ではなく、
「人との繋がり」なのでは、ということです。


「お金」があれば、ライフラインとして生存競争に勝ちやすいのかな
と思っていたのですが、絶対的に
「人との繋がり」
が重要だと今更ながら実感しています。
特に沖縄は、
・お盆やシーミーなどの行事で親戚が集まる
・模合をする
・干物が無いぐらい、食べ物を分けあう
など、「人との繋がり」の機会を持つシステムが
文化として形成されています。
そのおかげで、「生きやすい社会」が形成されているのでは無いかと感じるわけです。
人は多様性があり、いろいろな考え方があるため、
狭さ、ゆるさ、無計画性などに生きづらさを感じる人もいますが、
それ故に、許容範囲が広く、困っている人を助けてくれる感じがしています。
そんな沖縄で暮らしていて、
これからは自分ができる
誰かの役に立てる事をしよう
裏を返せば、
お金のためにしかならない事はやらない
必要とされる楽しい事をしよう
と思った1日でした。
日々感謝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました