グルクン釣りの仕掛けの順番(群星)

スポンサーリンク

先日、群星さんで近場のグルクンに行ってきました。

グルクンが楽しく釣れました。
近場で釣れるのが良いですね!

しかし、刺し餌仕掛けを主に使っていたため、
なぜか、キツネウオばかりが釣れました><
やはり、棚が難しい。
また、サビキの場合は、私はビビリなので、
カゴに餌を入れるときのやりさすさと
手に針をかける事故を予防するため、
リール→竿→サビキ→カゴ→錘
としていますが、口の切れやすいグルクンに対応するため、
サビキより下の重量や抵抗をへらすため、
カゴをひとつ前に持ってきて、
リール→竿→カゴ→サビキ→錘
とすると良いのだと思います。
さらに、グルクンの最初のひとっ走りを和らげるために、
クッションゴムを入れて、
リール→竿→クッションゴム→カゴ→サビキ→錘
とすると口切れ防止になるようです。
ただし、クッションゴムも危険性があるため、
慣れた方が使われるのには良いですが、
素人には向かないようです。

魚の引きを竿や身体でかわせる
群星の船長さんの様に上手な方は、
クッションゴムなんて必要ないと感じます。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました