グルクン釣りの針(若狭丸)

スポンサーリンク

先日、若狭丸さんで念願の
あかじゅー(ウメイロモドキ)釣りに行ってきました。

グルクンの大きいものは500g以上ありました!
グルクンにドラグも出され、楽しかったです!
がまかつのサビキが伊勢尼の金ということから想像して、
5号を購入し、実釣してみたところ、
間違いなくそれにあたりが集中しました。
(天気は晴れで、刺し餌でした。)

他に使った針は、伊勢尼の銀、グレのピンク、
カーエーの黒でした。
ただ、サイズが5号では小さかったです。
先生(船長)に譲っていただいた針でも、
600g以上のグルクンは呑み込んでしまい、
エラにかかることもあったため、
釣りたいサイズの魚にあわせるのが良いようです。
ラインも2号程度だとよく切られたため、
3号以上、できれば4号が安全な感じでした。

グレのピンクには65cmのツマリテングハギがあたり、
ドラグだされまくり、これも楽しかったです。笑
ツマリテングハギは、3枚におろした後、
あらを「魔法の圧力鍋」で、20分煮ましたが、
良い出汁が出て、骨はずれもよく、
美味しい味噌汁になりました。
皮がくずれてざらざらになるので、できるだけ、
除いたほうが良いかもしれません。
針によって釣れる魚種や魚のサイズが異なるのは驚きでした。
ただ、同じ仕掛けで同じ棚でも、
私はタカサゴで、先生はウメイロモドキという状態が続きましたので、
それだけではないのだと思います><
私のウメイロモドキは1匹。
先生は20匹・・・なぜ?深いです。グルクン釣り。
腕ですね・・・腕・・・すぐにはマネできません><

コメント

  1. アカジュー より:

    若狭丸さんの仕掛けは、画期的で、非常に理に適っていますね。
    食い渋り時には、サビキ仕掛けでは太刀打ち出来ないと思います。  
    しかし、比較的喰いの良い場合は、手返しの速さで、サビキの方に分があるんではないでしょうか。  針や、カゴはもちろんですが、オモリの使い方も非常に重要ですよ。
    是非とも、ご一緒しましょうね。   29日に、むるぶしで深場予定なんですが、船長さんより、連絡先をお伺いして宜しいでしょうか?

  2. 釣りごろ より:

    ご確認が遅くなり申し訳ありません。
    グーフィーさんに聞いていただいても構いませんが、
    船長さんにご迷惑をおかけするのもなんですから、
    このページの右にあるオーナーへメッセージから、
    ご連絡頂けましたら幸いです。
    29日も台風の影響が出そうですね><
    14号もユーターンしてますし(^^;

  3. アカジュー より:

    その手がありましたね。   
    自然相手なんで、仕方がないんですが、ひと月前から、メンバーでスケジュールを調整して、それで中止ってのも、残念でならないです。 
    次回予定は、久米鳥でのアカジューなんですが、3年連続の中止なんで、今年はどうなりますかね。
    なかなか、グルクン釣りにハマっているようですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました