竹島水族館がとんでもなく凄い。オオグソクムシにも触れます!(愛知県)

スポンサーリンク

オオグソクムシに触れます
今、一部の水族館マニアでかなり話題の竹島水族館(愛知県蒲郡市)に行ってきました。
略して竹水はとても小さい水族館で、広さは美ら海水族館のロビーからタッチプールぐらいしかないのですが、密度も滞在時間もかなりあります。
20年前にも行ったことがあり、アシカが芸達者だったり、魚までの距離がかなり近いので凄さを感じていましたが、更に凄くなっていました。


カメ
とにかく、水槽までの距離が近い。噛まれるので手を入れないでください。との注意書きがある水槽がありました。笑
その水槽では餌の販売があり、餌をあげることもできます。
タッチプール
”さわりんぷーる”というタッチプールがありました。
それも深海生物。オオグソクムシにも触れました!
タカアシガニ
タカアシガニもいて、でかい生き物にも触れました。
水温を下げないといけないので、電気代がかかるため、短期のみとのことです。笑
あしかショー
昔から凄いアシカショーですが、面白さがプラスされていました。
プラスされていたのは、飼育員さんの話芸ですけどね。笑
美味しそうな水槽
美味しそうな水槽。美味しい魚には、必ず美味しいと書いてあります。笑
図鑑に載っていません
図鑑に載っていない生物も展示してあります。
スタッフ紹介
つまり、何が凄いかというと、働かれている方が凄いのです。
館長が推しの生物が、、、スタッフという水族館です。笑
スタッフ撮影OK
写真を撮って宣伝してね。スタッフも写真を撮ってね。とか。
説明
1つ1つの生物の説明が、所狭しと書いてあります。
とにかく、説明が多いので、活字中毒の私は酔いしれました。
カワハギの説明
カワハギは、ヒラヒラさせると寄ってきます。。。
ひらひら
子供たちはすぐにやりました。笑
竹島水族館オリジナル
お土産コーナーには、オリジナルの商品が豊富にありました。
超グソクムシ
館長が考案したせんべいもありました。
・・・が、レジが見当たらず、事務室のドアをノックして購入するシステムでした。笑
この日は混んでいたので、事務室の前に、行列ができていました。
老朽化もしていますし、各所に貧乏アピールがしてあり、助けようという気持ちで結構買ってしまいました。汗。
でも、入場料は大人500円で年間パスポートも1250円!美ら海水族館の大人1日料金1850円よりも安いのです。笑
開館と同時に入ってあっという間に2時間経っていました。外に出たら、入場制限中となっていて暑い中で数百名が待っていました。汗
空間や費用に制限があっても、工夫次第でどうにかなるという姿を見ました。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました