小学校の授業参観でモノがあふれていると感じました

スポンサーリンク

1年生の授業参観に初めて行きました。
そこで感じたこと・・・モノ(ツール)や手法があふれている。
・黒板が上下に動く
・予備の小さい黒板がある
・TVやパソコンで教科書を写して、拡大したり・・・
・算数セット的なものがいくつもある
・オープン教室で広く使えるかもしれないけれど、
 通常隣の教室の音がうるさいうえに、
 クラスの生徒の声が反射せず聞き取れない。
・物をしまう場所が複数あり、把握しきれていない子も多い

能力が相当に高く、ミスも少ないような先生で、
要領の良い生徒ばかりであれば、
いろいろと使いこなすのかもしれませんが、
たとえ使いこなしたとしても、準備には時間がかかるし、
生徒も気が散るのではと感じました。
モノが増えたことによって、私たちの頃の1年生より
今の1年生の方が成績もよく、効率よく勉強ができ、
先生たちもしあわせであればいいのですが、
なんだか、そうでないような・・・
自分の家もモノ多すぎると感じつつ・・・
教材を売る側や良いという授業を参考にしすぎて、
ツールが増えすぎた、俯瞰的に何が大切なのかが
なんとなく見えてない。
でも、とにかく先生は頑張られているという
印象を受けました。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました