携帯電話の写真

スポンサーリンク

携帯電話でできることがたくさん増えました。

そのなかでも写真や動画が取れる機能は、秀逸です。
そして、それを誰でも多くの人に公開することができます。
2、30年ほど前までは、
自分で好きな映像を取って、
公開しようと思ったら、
映画を作るということになり、
数億円かかるため、人生をかけて撮るようなものでした。
さだまさしさんの父親が、
1980年に映画を作成し、
35億円の借金をして、
息子のさだまさしさんがそれを返済した事は有名です。
私自身は10年ほど前から、
TVや映画をほとんど見なくなりましたが、
まだ、多くの人が映像をみているのは確かです。
さらに、どこでも映像を見ることができるようになりました。
そこにビジネスチャンスがある気がします。
花火を見に行くと、半分以上の人が写真を撮っている気がします。
私も衝動的に撮っていますが、
半分は気にせず見ることを楽しむようにしています。
体験して楽しむ。
そこにもビジネスチャンスがある気がしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました