フリクション 東急ハンズ サンエー宜野湾コンベンションシティ

スポンサーリンク

話題の消えるボールペン「フリクション」。
店頭に頑張っている営業の方が
いらっしゃったので、買っちゃいました。
5年ぐらい前に衝撃を受けて買い、
その後、デメリットを感じて使いませんでした。
最近、ちょっとした理由で使い始め、
今日ハンズで見たら、種類がめちゃめちゃ増えてたため、
驚きました。
この棚全部フリクションです。

ただ、デメリットもあります・・・
1.書くと中心が消えている二重線のようになってしまうことがあります。
インクの粒子が大きいせいでしょうか?
2.擦った時の摩擦熱で消える仕組みのインクであり、
60℃で透明になるため、夏(沖縄はこの時期でも)に
ペンを車の中に入れておくと、インクが透明になってしまいます。
つまり・・・書けなくなってしまうんです。
そして・・・手帳を車に入れておくと・・・予定が消えます。
素敵ですね。
(明日は空き日になり、お休みできます。)
お気をつけください。
でも、消えたインクを復活させる方法あるんですけどね。
逆に冷凍して、冷やします。
-20℃でかなり戻るので、
冷凍庫は-18℃のためほとんど戻ります。
「復活する」これが5年前に感じた一番のデメリットで、
自分で消したのも戻っちゃうわけで、
北国へ冬に行ったら、全部戻っちゃって、
何書いてあるかわかんなくなる。笑
ちなみに、、、普通のボールペンのインクやパソコンでプリントしたものも
何十年かすると消えます。
なかなか消えないのは、鉛筆と墨汁とブルーブラックなどの一部の万年筆のインク。
未来に残したい方は、ご使用ください。笑

コメント

  1. @kaatsuu より:

    勉強になります♪楽しい記事ですNe♪

  2. 釣りごろ より:

    あ、、、ありがとうございます。
    すごい人がいるなぁと思っていた方に褒められると、うれしいです。

タイトルとURLをコピーしました