バッテリーCCAテスター(BA300)の使い方

スポンサーリンク

釣りの電動リール用のバッテリーの劣化具合を調べるために、CCAテスターを購入しました。

とりあえず、いつも使っているバッテリーに+に赤、ーに黒を繋げて、「電源」を押す。

数字がくるくる回っているので、「OK」。

「▲」「▼」と「SEL」でCCAの値を設定して「OK」。

※CCAは40B19で300、55B24で400、75D23で600ぐらいです。残量の%の計算には用いますが、測定には用いられないので適当で大丈夫です。

充電し忘れていたのかバッテリーLOWの表示。

「SEL」で表示を切り替え。

CCAも127しかありません。

充電器のブーストモードで一旦充電。

充電後、元気になり内部抵抗も下がりました。

CCAも127から268まで回復。CCAを400と入力してましたが、実際は40B19のため新品で300ということからまだまだ十分使えそうです。

英語の説明書でしたが、読まずになんとなく使えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました