梨の皮から天然酵母を起こしてパンを作りました

スポンサーリンク

梨の皮
マンゴーの皮からパンができるんだから、梨の皮でもできるだろう。
ということで、天然酵母のパン作り。
——-

2016/07/10
天然酵母の作り方!生マンゴーから起こして自家製パンを焼きました
ニンジン酵母が簡単にできたので、マンゴー酵母も簡単にできるだろうと思って、やってみました。と言っても、とっても簡単です。必要な材料は、・生のマンゴー・熱湯・綺麗に洗った瓶です。準備する手順は、1.お湯を沸かして、瓶に入れ、蓋を閉めて、熱湯消毒をします。2.瓶が常温程度に…

——-


酵母を起こす手順は超簡単で、
1.お湯を沸かす
2.瓶にお湯を入れて蓋をする
3.常温になるのを待つ
4.梨の皮と芯を入れる
5.蓋をして、1日2回開けて状態を確認して3~4日。
上記の写真は1日後のもので、皮に発泡が見られます。
発泡が落ち着いたら、完成です。
ハチミツを入れたりされる方もいるみたいですが、沖縄の気温だと梨の皮と芯だけで起こせます。
それから、皮と芯を取り出し、1日冷蔵庫で休ませた後、中種を作ります。
中種
中種の発酵時間は半日ぐらいです。
生地
生地を作って、1次発酵させます。
1次発酵後
6時間でかなり膨らみましたが、水を入れすぎたためダレダレです。
整形して1時間の2次発酵をさせて、焼きました。
パン完成
2次発酵でも2倍ぐらいになりましたが、ダレダレなため、平らなパンになりました。
刺身のようにスライスして頂きます。笑
味は、とても美味しかったです。

コメント

  1. てぃーだニュース編集部です。
    素敵な記事を書いていただきありがとうございます。
    こちらの記事をてぃーだニュースにて取り上げさせていただきました!
    URLはhttp://tidanews.ti-da.net/e8993592.htmlになります。
    これからもてぃーだブログをよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました